忍者ブログ

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画の感想・車のことなど載せてます♪

2020.03┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOME[PR]■わがまま私評■処刑人 アナザーバレット

[PR]

2020-03-30-Mon 18:57:03 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

処刑人 アナザーバレット

2007-01-05-Fri 13:41:04 │EDIT

処刑人 アナザーバレット

WHACKED 2002 米国

★★

D=ジェームス・ブルース
ポール・サンプソン パトリック・マルドゥーン カーメン・エレクトラ ジャッジ・ラインホルド リンデン・アシュビー マイケル・パパジョン
◆二人のプロフェッショナルがいる。一人は、イタリアンマフィアで殺しのプロとして働く男トニー。もう一人は、CIAで政府お抱えの殺し屋として働く男マーク。そんなある日、うだつのあがらないCIA局員クラインは、CIA内部にはびこる公的資金横領の証拠を掴むが、身の危険を感じ、マークに助けを求める。クラインの殺しの依頼を受けてやってきたトニーは、マークと対面するが・・・・二人は、9年前に別れた兄弟だったのだ。真相を知った二人は、協力して悪党どもと戦うことになる。。。。
◆いや~、初歩的なミスを犯してしまいました。こんな事は、よくあることでよーくチェックしないといけないのですが。。。『処刑人』の続編かと思いきや、ちゃいました(笑)よーく確かめないとね。しかし、「邦題の付け方」なんとかならないものでしょうか。

映画としては、まったくもって普通。最悪とまでは言わないが、駄作と言って良い作品。全てが中途半端な出来。なにしろアクションがお粗末この上ない。どうせやるならもっとドハデにしていただかないと、この手の映画は、面白みが半減する。戦闘シーンも少なく銃を使うテクニックが、全然なってない。かっこよくないんだよね。まぁ、予算の関係もあると思うが、低予算でも作り手の手腕でいくらでも方法があると思うのだが・・・。また、おバカ映画にするつもりはないのだろうが、あちこちでその”香り”がするのだが、結局、バカ街道を進む事も出来ずに中途半端にダラダラと話が進行してしまう。何をするにしてもトコトンやっていただかないとね~。ボロクソに言ってますが、決して嫌いなタイプの映画ではないですよ。お手軽に観られるしね。後1歩、いや2歩かな?頑張れば、楽しい作品になったと思うと残念です。しかし・・・ライフルで胸を撃たれたのにあんなに元気と言うのは、いかがなものか。。。

PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

■バーコード
■ブログ内検索
作品名・監督名・俳優名などで検索可能です。
★ランキング
ランキング参加中! ご協力お願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気blogランキングへ</A>		<div class=
■コメントありがとう
■トラックバックありがとう
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 SION'S Some Rights Reserved.
http://sion1234.blog.shinobi.jp/%E2%96%A0%E3%82%8F%E3%81%8C%E3%81%BE%E3%81%BE%E7%A7%81%E8%A9%95%E2%96%A0/%E5%87%A6%E5%88%91%E4%BA%BA%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88
忍者ブログ[PR]