忍者ブログ

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画の感想・車のことなど載せてます♪

2020.03┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOME[■■簡潔私評]【た・な行】の記事
2020-03-30-Mon 19:31:00 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007-01-07-Sun 21:56:39 │EDIT

簡潔私評 な行】

【な】

■■ナショナル・トレジャー ★★★

 
 

【に】

■■二重スパイ 韓国 ★★★

D=キム・ヒョンジョン
ハン・ソッキュ コ・ソヨン チョン・ホジン ソン・ジェホ

諜報員として逃れられない悲しい性が、淡々と描かれており、派手なアクションなどないがそれでいて観ているものを惹きつける秀作。全体的に重い感じなので、好き嫌いは分かれるかもしれない。ハッピーエンド好きのSIONとしては、いつもならこのラストは、決して好きではないが、この作品に関しては、胸を締め付けられるような切ない気持ちも素直に受け入れることが出来た。相変わらず主演のハン・ソッキュの演技は、独特の雰囲気で素晴らしい。監督のキム・ヒョンジョンの長編初監督作品となるが、先が楽しみな監督である。

■■二重誘拐 ★★

 
 
 

■■ニューオリンズ・トライアル 陪審判決 ★★★★

PD=ゲイリー・フレダー 原=ジョン・グリシャム「陪審評決」 

ジョン・キューザック ジーン・ハックマン ダスティン・ホフマン レイチェル・ワイズ ブルース・ディヴィソン ブルース・マッギル ジェレミー・ピヴェン ニック・サーシー

いわずと知れたグリシャム原作の法廷もの。SIONは、リーガルサスペンスが大好き!法廷内外で繰り広げられる闘いにいつも引きこまれちゃいます。この作品は、今までの法廷ものとは、ちょっと毛色が違い陪審コンサルトに焦点をあてて描かれております。原作では、タバコ訴訟なのですが、映画では、銃規制訴訟に訴訟内容を変えたことで、より緊迫感のある内容になっています。ハックマン・ホフマン・ジョン・キューザックなど豪華俳優人の素晴らしい演技に釘付けです。

■■ノーグッド・シングス ★★☆

D=ボブ・ラフェルソン 原=ダシール・ハメット
サミェル・L・ジャクソン ミラ・ジョボビッチ ステラン・ステラスガルド

ダシール・ハメットの短編を映画化した作品。原作を読んでいないのでなんともいえないが、今1歩の出来。刑事のジャックが、家で少女を捜索中、銀行強盗を計画中の一味に捜査しにきた刑事と勘違いされ捕まってしまう。強盗団は、ジャックの見張り役にエリンを残し計画を実行に移すのだが・・・ここまで書くとなんだか面白そうに思えるが、内容はいまいち。盛り上がりも少なくサスペンスとしての緊張感にも欠ける。ミラは、決して嫌いな女優ではないが、この役は、明らかにミスキャストと感じる。

 
 
 
 
 
PR
2007-01-06-Sat 22:12:39 │EDIT

【簡単私評 た行】

【た】

■■ダークネス ★★☆

D=ジャウマ・バラゲロ
アンナ・パキン レオ・オリン ジャンカルロ・ジャンニーニ イアン・グレン
いわゆるスパニッシュホラー作品。誰もが無意識に怖いと感じる”闇”という漠然としたにものに焦点を当てたところは良いと思うが、面白く観れるのは、前半だけ。観ているうちにだんだん訳がわからなくなっていき(爆)怖くもなんともない。もっと心理に迫ってくるような作りにしてほしい。

■■ターミネーター3 ★★

D=ジョナサン・モストゥ
アーノルド・シュワルッツネガー クレア・ディーンズ ニック・スタール クリスティーナ・ローケン
さすがに3本目ともなると・・・・1・2に比べ悲惨なほどの駄作。ジョン役は、美男子路線からいきなりブサイクになるし、話はまったく面白くなく完成度の低いB級映画。確かに1は、B級映画だったけどね(笑)すでにターミネーターというブランドが確立した今、程度の低いB級作品では、お話になりません。シュワちゃんもなーんか老けた印象は否めないし。2で終わりにした方が良かった。唯一の救いは、T-X役のクリスティナ・ローケンが、けっこう可愛かったことくらい。

■■タイド・オブ・ウォー 

 
 
 

■■大統領に気をつけろ! ★★

D=アンドリュー・フレミング 脚=アンドリュー・フレミング シェリル・ロンジン
キルスティン・ダンスト ミシェル・ウィリアムズ ダン・ヘダヤ

SIONにとって不思議女優"キルスティン”主演のコメディ。出演映画によってこれほど見栄えに差の出る女優さんも少ないのではと個人的に思っているのです。映画の内容はというとあの有名な『ウォーターゲート事件』をリークしたのがごくごく普通の女子高生だったというコメディ。話としては、奇想天外だが、話のテンポも良く筋も通っており、最後まで楽しく見れる作品。

■■タイムライン 米国 ★★★

D=リチャード・ドナー 原=マイケル・クライトン
リチャード・ドナー フランシス・オコナー ジェラルド・バトラー ビリー・コノリー
いわずと知れたマイケル・クライトン原作の映画化。過去に飛ばされた大学教授からのSOSが、ある遺跡発掘現場から出土しその息子達が、14世紀の英仏戦争真っ只中のフランスに救助しに行くという話。原作を読んでいないので映画のみの評価で言えばまぁ、及第点というところか。いわゆるタイムマシンもので、物理的に考えればツッコミどころ満載だが、ファンタジー作品と言うとらえ方をすれば、最後まで面白く観れる。

■■タイムリミット 米国 ★★

D=カール・フランクリン
デンゼル・ワシントン エヴァ・メンデス サナ・レイサン
周囲からも人望の厚い警察署長であるマット(デンゼル)が、何者かの罠にはめられ、殺人事件の容疑者にされそうになり、真犯人を探すため必死になるお話。あのデンゼルが、自分の保身のためオロオロ死に物狂いで走り回る姿は、笑えます。SIONの大好きなデンゼルが、な~んかおバカな男を演じている点が新鮮と言えば新鮮だが、別にデンゼルでなくてもよいような・・・・かといってデンゼルだから駄作にならずにすんだのか・・・どうなんでしょうね~?

■■ダイヤモンド・イン・パレス ★★★

 
 
 

■■タキシード ★★☆

D=ケビン・ドノヴァン
ジャッキー・チェン ジェニファー・ラブ・ヒューイット ジェイソン・アイザックス
特殊なスーパー・タキシードを着たただの運転手が、エージェントと間違えられ危険な任務に就く話。特殊なタキシードを着ることでスーパーマンになるという点は、面白いがストーリーが平凡そのものなのが残念。ジャッキーのアクションもなんだかなぁという感じ。

■■たそがれ清兵衛 ★★★☆

D=山田洋次 原=藤原周平
真田広之 宮沢りえ 田中 大杉 漣 吹越 満
ほとんど邦画を観ないSIONが、藤沢周平大好きなため観た作品。文字にかなう映画はない!がSIONの持論であるが、良く出来ている作品だと思う。武士の心・日本人の心。せつなく、それでいて清々しさを感じる作品。田舎の小藩の下級武士の暮らしが、切々と描かれています。身分制度の上位である武士も下級武士になると日々の暮らしも本当に大変。毎日勤勉に働いてもその生活が変わることはまずない。そんな貧しい生活の中で、娘たちとよりそいながら精一杯生きてる清兵衛の姿は、見ていて清々しい気持ちになります。飽食の時代に生きているSIONですが、あんな暮らしもいいかなと思ってしまいました。まぁ、実際、大変すぎて僕には、到底無理ですが(爆)それにしても真田広之カッコ良かった~。

■■奪還 アルカトラズ ★★★

D=ドン・マイケル・ポール
スティーブン・セガール ジャ・ルール ニア・ピープルズ モリス・チェストナット
なぜか観てしまうセガール作品。さすがにクオリティが落ちてきた感はしますが、そこそこ楽しめます。

■■ダニー・ザ・ドッグ ★★

 
 
 

■■ダ・ヴィンチコード ★★★

 
 
 

【ち】

■■チアーズ2 米国 ★★

D=デイモン・サントステファーノ 原・脚=クローディア・グラジオソ
アン・ジャドソン=イエガー ブリー・タナー フォン・A・チェンバース ケヴィン・クーニー
正規のチア部から追い出されたため校内で新たなチームを結成し正規チームに勝負を挑み・・・。ダンスの素人が、いかにトレーニングを積んだとしてもあの短期間で正規チームには、勝てません。そういう意味でもツッコミどころは、たくさんあるが、ダンスは見事。青春ムービーとしては、前作の方が数段出来が上。

■■小さな中国のお針子  仏 ★★★

D原脚=ダイ・シージエ
ジョウ・シュン リィウ・イェ チェン・コン

●わがまま私評のコンテンツに詳しく掲載

■■チェンジング・レーン 米国 ★★★

D=ロジャー・ミッチェル P=スコット・ルーディン ♪=デビット・アーノルド

ベン・アフレック サミエル・L・ジャクソン シドニー・ポラック トニ・コレット ウィリアム・ハート

●わがまま私評のコンテンツにくわしく掲載

■■チャーリーズエンジェル フルスロットル 米国 ★★★

D=Mc G
キャメロン・ディアス ドリュー・バリモア ルーシー・リュー デミー・ムーア
良い良い。この手の作品は、あーだ!こーだ!言っても始まらない。キャメロンのはじけたおバカ演技もキュートだし、リューシーもドリューも可愛い。出演者が、楽しんで作っているのが伝わってくる。パロディーやカメオ出演なども楽しいし、何も考えず出演者達と一緒に楽しんで観た方が勝ち。

【て】

■■デアデビル 米国 ★★★

D=マーク・スティーヴン・ジョンソン
ベン・アフレック ジェニファー・ガーナー  コリン・ファレル

世間の評判のよろしくない 作品だが、期待してなかったからか結構、楽しめた。このデアデビルもアメコミのヒーローの定番として心に大きな悩みを持っております。なぜ?そういう要素が必要なんでしょうかね?そういう人間くさい部分がないと、アメリカの人たちは、ヒーローとして認めないのでしょうか?元のコミックを知らないのでなんとも言えませんが、CGを含め絵的には、良かったですよ。コリン・ファレルも印象的だったしね。言われてる程駄作とは感じません。

■■ティアーズ・オブ・サン 米国 ★★★☆

D=アントワ・フークア
ブルース・ウィルス モニカ・ベルリッチ コール・ハウザー イーモン・ウォーカー トム・スケリット
任務に忠実な歴戦の勇士であるブルース・ウィリス演じる隊長が、内戦のナイジェリアへアメリカ人女医のモニカ・ベルッチを救出しに行く話。描かれている隊長のキャラからいうとあのように命令違反を犯してまで、難民を助けるか?という疑問というかありえねーだろ感はぬぐえませんが、その事さえ気にしなければ、面白い作品だと思います。テンポも悪くなくヒーローものとしてみるには、十分楽しめる作品

■■テイキング・ライブス 米国 ★★★

D=D・J・カルーソー 原=マイケル・パイ 脚=ジョン・ボーケンキャンプ
アンジェリーナ・ジョリー イーサン・ホーク キーファー・サザーランド ジーナ・ローランズ
殺した相手に成りすまし、次々と殺人を繰り返すシリアルキラーとFBI女性プロファイラーとの話を実力派俳優人で製作したクライム・サスペンス。バリバリのFBI特別捜査官のアンジェリーナが、いとも簡単に恋心にほだされてしまう辺りが、無理っぽいが、そこは、捜査官の前に一人の女と言うことがいいたかったのか?犯人は、すぐわかってしまうしツッコミどころの多い作品ではあるが、出演者の力で緊迫感もありそこそこは、楽しめる作品となっている。

■■ディトネイター 米国/独★★

D=ジョナサン・フリードマン
エリザベス・バークレイ ランドール・バティンコフ ボキーム・ウッドバイン スタン・ショウ 

捜査官と復習に燃える爆弾魔との攻防を描いたパニックアクション。大作とはいえないが、そこそこ迫力&緊迫感があり、面白く見れる。佳作と言っていい作品で観て損はないと思います。

■■ディボースショウ ★★☆

 
 
 

■■デッドコースター 米国 ★★★

D=デビット・Rエリス
A.J.クック アリ・ラーター トニー・トッド マイケル・ランデス

●わがまま私評のコンテンツに詳しく掲載

■■デッドベイビーズ 米国 ★★

D脚出=ウィリアム・マーシュ 原=マーティン・エイミス
ポール・ベタニー アレクサンドラ・ギルブレス クリスチャン・ソリメノ オリヴィア・ウィリアムズ ヘイリー・カー ウィリアム・マーシュ カティ・カーマイケル クリス・マーシャル アンディ・マイナン チャーリー・コンドウ

●わがまま私評のコンテンツに詳しく掲載

■■デッドマン・ウォーキング  米国 ★★★

D脚=ティム・ロビンス 原=シスター ヘレン・プレジャン
スーザン・サランドン ショーン・ペン ロバート・プロスキー

●わがまま私評のコンテンツに詳しく掲載

■■デッドロック 米国 ★★

D=ウォルター・ヒル
ウェズリー・スナイプス ヴィング・レイムス ピーター・フォーク マイケル・ルーファー ジョン・ゼダ ウェス・ステューディ
刑務所内無敗のチャンピオンとレイプ事件で服役した現役ヘビー級チャンピオンの闘いを描いた作品。寡黙で冷静な男と粗野で自己中の男という対比もありふれた感は否めない。ウォルターヒル作品ということで期待をしたのが・・・

■■デボラ・ウィンがーを探して 米国 ★★★

D=ロザンナ・アークエット P=ロザンナ・アークエット デビット・コディコウ ハッピー・ウォルターズ マット・ウィーヴァー
ロザンナ・アークエット パトリシア・アークエット ロビン・ライト・ペン ジェーン・フォンダ メグ・ライアン ホリー・ハンター ウーピー・ゴールドバーグ シャロン・ストーン サルマ・ハエック シャーロット・ランプリング デブラ・ウィンガー エマニュエル・アベールetc・・・

●わがまま私評のコンテンツに詳しく掲載

■■デュエリスト ★☆

 
 
 

■■天上の剣 香港 ★★

PD脚=ツイ・ハーク アクション監=ユエン・ウーピン 
イーキン・チェン チャン・ツィイー セシリア・チャン ルイス・クー サモハン・キンポー

元来、この手の作品は大好きなSIONなのですが、いかんせんストーリーに深みがないのが残念。ワイヤークション&CGてんこ盛りの天空界の仙人vs魔王というSIONの好きなネタですが、物語が駆け足で進んでしまい登場人物に思い入れが出来ぬ間に映画が終わってしまう。もう少し尺を長くするか、思い切って今はやりの3部作にでもすれば良い作品になるのに。

【と】

■■トゥー・ウィークス・ノーティス 米国 ★★☆

D脚・・・マーク・ローレンス
ヒュー・グラント サンドラ・ブロック アリシア・ウィット

●わがまま私評のコンテンツに詳しく掲載

■■トゥー・ブラザーズ ★★☆

 
 
 

■■トゥームレイダース2 米国 ★★

D=ヤン・デボン
アンジェリーナ・ジョリー ジェラード・バトラー クリス・バリー ノア・テイアー

●わがまま私評のコンテンツに詳しく掲載

■■トーク・トゥ・ハー スペイン ★★★☆

D脚ペドロ・アルモドバル
 レオノール・ワトリング ハビエル・カマラ ダリオ・グランディネッティ ロサリオ・フローレスジェラルディン・チャップリン パス・ベガ 
 

■■ドクトル・ジバゴ 英国/独/米国★★

D=ジャコモ・カンピオッティ 原=ボリス・パステルナーリ
ハンス・マシソン キーラ・ナイトレイ サム・ニール
いわずと知れたロシアの文豪ボリス・パステルナーリの小説の映画化。大作に身をゆだねたいと思い観ましたが大失敗でした。あのオマー・シャリフのドクトル・ジバゴとは比べようもない駄作です。というより尺が短すぎです。この大作小説をわずか100分で作ろうという時点で大間違い。

■■閉ざされた森 米国 ★★★

D=ジョン・マクティアナン 脚=ジェームズ・ヴァンダービルド
 ジョン・トラボルタ コニー・ニールセン サミュエル・L・ジャクソン ジョバンニ・リビシ ブライアン・ヴァン・ホルト テイ・ディグス ティム・デイリー ロゼリン・サンチェス ダッシュ・ミホク ハリー・コ二ック・Jr

●わがまま私評のコンテンツに詳しく掲載

■■ドット・ジ・アイ ★★★

 
 
 

■■隣のヒットマンズ 全弾発射 ★★☆

 
 
 

■■トラウマ ★★★

 
 
 

■■ドラムライン 米国 ★★★★

D=チャールズ・ストーン三世
ニック・キャノン ゾーイ・サルダナ オーランド・ジョーンズ レナード・ロバーツ GQ ジェイソン・ウィーヴァー アール・C・ポインター 
 

■■トランスポーター ★★★★

D=ルイ・レテリエ コーリー・ユン P=リュック・ベンソン  脚=ロバート・マイク・ケイメン

ジェイスン・ステイサム スー・チー フランソワ・ベルレアン

●わがまま私評のコンテンツに詳しく掲載

■■トランスポーター2 ★★★

 
 
 

■■ドリームキャッチャー ★★★ 

PD脚=ローレンス・カスダン 原=スティーブン・キング 脚=ウィリアム・ゴールドマン

モーガン・フリーマン トーマス・ジェーン ジェイソン・リー ダミアン・ルイス

スティーブンキングの同名小説を映画化。4人の少年が、ダディッツという少年を助け、彼から不思議な力を授けられる。それは、後に人類の運命を左右するある役割を担っていた!前半は、非常に面白いサスペンス風に進むが、後半は、一気に怪獣映画になります(爆)この辺りからB級の臭いがプンプンしてきますが、結構楽しめます。違和感さえ感じるモーガン・フリーマンのキレた役も笑えるし、主人公の書庫で表現する映像も斬新。ヴィジュアル的に怪獣(異性人)がでてくるとB級になってしまうが、ストーリーは面白く最後まで楽しめた。

■■トルク ★★☆

 
 
 

■■トロイ 米国 ★★

D=ウォルフガング・ピーターゼン 原=ホメロス 脚=デヴィッド・ベニオフ

ブラッド・ピッド エリック・バナ オーランド・ブルーム ダイアン・クルーガー ショーン・ビーン ピーター・オトゥール

歴史スペクタル&ギリシャ神話好きのSIONにとっては、予告編を観た時、思わず『おおー!』と思ったのですが・・・・期待はずれでした。登場人物の描写や歴史的背景の描き方が希薄で、何を描きたかったのがわかりません。まぁ、そのあたりを描き出すと複雑になり、スカッと楽しむという作品にはならないのでしょうが。。。しかし、3時間弱という長い尺も苦にならなかったし、CGを駆使した迫力のある戦闘シーンや対決シーンを楽しむための娯楽大作としては、及第点だと思います。蛇足ですが、『ハルク』でこいつは、コレで終わりだなっ!と確信していたエリック・バナが、なかなかでした。ヘクトルというすばらしくカッコイイ良い役に恵まれましたね。
■バーコード
■ブログ内検索
作品名・監督名・俳優名などで検索可能です。
★ランキング
ランキング参加中! ご協力お願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気blogランキングへ</A>		<div class=
■コメントありがとう
■トラックバックありがとう
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 SION'S Some Rights Reserved.
http://sion1234.blog.shinobi.jp/-%E2%96%A0%E2%96%A0%E7%B0%A1%E6%BD%94%E7%A7%81%E8%A9%95-%E3%80%90%E3%81%9F%E3%83%BB%E3%81%AA%E8%A1%8C%E3%80%91/
忍者ブログ[PR]