忍者ブログ

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画の感想・車のことなど載せてます♪

2020.07┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOME■わがまま私評■の記事
2020-07-09-Thu 17:26:35 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007-01-29-Mon 08:22:08 │EDIT

グエムル 漢江の怪物

THE HOST 韓国 2006

★★☆

D原案脚=ポン・ジュノ 

ソン・ガンホ ピョン・ヒボン パク・ヘイル ぺ・ドゥナ コ・アソン イ・ジェウン

パク一家の長男カンドゥは、ソウル市内を流れる漢江の河川敷で父ヒボンと売店を営んでいる。・・・と突然、川から正体不明の怪物が出現し、次々と人々を襲いだした。パニック状態の河川敷でカンドゥは、中学生になる最愛の一人娘ヒョンソを見つけ、一緒に逃げるのだが、カンドゥの目の前でヒョンソは、怪物に連れ去られてしまう。悲嘆にくれる中、次男ナミル・長女ナムジュが合同葬儀場に駆けつけた。怪物からのウィルス感染の恐れがあるとしてパク一家は、強制的に隔離されてしまう。そんな中、カンドゥの携帯に死んでしまったと思われた最愛の愛娘ヒョソンから助けを求める電話が入る。ヒョンソの生存を信じない政府をよそにパク一家は、4人でヒョンソを助けに行くのだった

韓国では、大ヒットを記録した作品で冒頭のホルマリン不法投棄やラストのTVを消すシーンなど反米の臭いがプンプンします。予備知識を持たずに観たので、想像していたものと随分違い、良い意味でも悪い意味でも裏切られた感じ。予告編を観た段階では、得体の知れない怪物との闘いをハリウッド的にアクションたっぷりに描いた作品かと思いきや、むしろ家族愛を描いてます。怪物の登場シーンは、上手いカメラワークとも相まって緊迫感がありますが、その後は、パク一家を中心に独特のテンポで話が進んでいきます。当初、怪物退治に警察・軍隊の出動となりますが、いつの間にかほとんどいなくなってしまいます(笑)未知の怪物から愛娘を助けなければならないというシリアスな状況の中、パク一家が、がむしゃらに行動すればするほど、なぜかコミカルで苦笑してしまいます。まさに、バカ一家という感じ。これは、意図的な演出だと思うのだが、多少、違和感を覚えます。シリアスな状況とわずかだが、カッコ良いカットにコミカルな印象が、妙に入り混じっていて奇妙な感覚になります。鑑賞後は、決してスカッと爽やかという気持ちにはなりませんが、カンドゥはじめパク一家の人々に朴とつした温かいものを感じる事ができます。こんな雰囲気の映画もたまには、良いですが、個人的にはロドリゲス風なハチャメチャなバカ演出が好きなので、もっとバカっぷりを全面に出してくれた方が、楽しめたのは確かです。

PR
2007-01-27-Sat 13:35:32 │EDIT

海猿 LIMIT OF LOVE

日本 2006

★★☆

D=羽住英一郎 原=佐藤秀峰

伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太 大塚寧々 吹越満 浅見れいな 美木良介 石黒賢 時任三郎 

鹿児島沖3キロで大型フェリーが、620名を乗せたまま座礁事故を起こす。仙崎たち機動救難隊は、急ぎ現場に向かう。船の沈没までには、4時間しかなく、その上船内には、195台もの車が積載されおり、引火、爆発でもしたら大惨事となってしまう。限られた時間の中、乗客の救助に当たる仙崎は、そこで恋人環菜を発見する・・・・

前作”海猿”とは、少し毛色の違った映画になってしまったのが残念。今作も基本的に嫌いではないし、楽しめましたが・・・・映画というより2時間ドラマって感じの作りでツッコミどころは満載です!制作側としては、スリルありアクションありLOVEありといきたかったのでしょうが、どれもクオリティが低すぎて中途半端。船に取り残された2人、大塚寧々・吹越満という個性的な俳優さんを使っているのに意味がない。命が危ないという極限状態だというのに楽観的でまったく緊迫感が伝わってこないどころか良い人過ぎるほど良い人達。ああいう状況であんなに普通に良い人でいられるわけがない。あれじゃ、まるで模擬訓練中のよう(笑)船が傾いてるのに船内の水面は、水平だし、傾いてるはずの煙突もなぜか、垂直!空から水が降ってきてるのか?(爆)これが、恋愛映画ならまだ許せますが、沈没を目前にして救助より愛の告白をダラダラ・・・海保の仕事は、そんなに甘いの?リアリティのかけらもありません。全ての要素を中途半端に盛り込むのではなく、アクションならアクション、人間ドラマなら人間ドラマ、恋愛映画なら恋愛映画とはっきり区別して描いた方が映画としてのクオリティはあがるはず。ただ、ラストで海保のみなさんが主人公達を救出に向かうシーンは、とてもカッコよく胸踊る思いがしました。この作品は、出演者全員のキャラがみなキレイ過ぎるし、ネガティブ要素のまったくない作りなので、観ていて嫌な思いもせず最後まで気持ち良く楽しく観れますが、その分、心に響いてくるような厚みがなくなってしまっているのが、残念。気楽な気持ちで観るかデートで観るならそれなりにお薦めはできる。

■バーコード
■ブログ内検索
作品名・監督名・俳優名などで検索可能です。
★ランキング
ランキング参加中! ご協力お願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気blogランキングへ</A>		<div class=
■コメントありがとう
■トラックバックありがとう
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 SION'S Some Rights Reserved.
http://sion1234.blog.shinobi.jp/%E2%96%A0%E3%82%8F%E3%81%8C%E3%81%BE%E3%81%BE%E7%A7%81%E8%A9%95%E2%96%A0/
忍者ブログ[PR]