忍者ブログ

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画の感想・車のことなど載せてます♪

2020.03┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOME[PR]■わがまま私評■CUBE

[PR]

2020-03-30-Mon 18:58:53 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CUBE

2007-01-04-Thu 18:13:05 │EDIT

CUBE

CUBE 1997 カナダ

★★★

D・共同脚=ヴィンチェンゾ・ナタリ
モーリス・ディーン・ウィント 二コール・デボアー デビッド・ヒューレット
◆目覚めてみるとそこは、無機質な四角い箱の中(CUBE)。1つの面には、1つの扉があり、その先には、同じ四角い部屋が続いている。部屋には、罠の仕掛けられてる部屋と仕掛けられてない部屋がある。うかつに次の部屋に入れば、たちまち仕掛けられた罠に落ちてしまい、悲惨な死を遂げる事になる。「いったい、ここはどこなんだ?」「なぜ、ここにつれてこられたんだ?」そこに連れてこられた男女7人。生まれも育ちも職業もまったく違う彼らは、無事、ここから出る事は出来るのか?

◆『カンパニーマン』を見て、また”ナタリ作品”が見たくて見てみました。今さら、この作品について語るのはなんですが・・・

サンダンスで好評価を受けたのもうなずける作品。キレイで繊細な映像が、逆に観るものに ひしひしと緊張感を伝える。新感覚のホラー映画

改めて見ても良く出来てる作品だと思います。低予算で製作されていることをまったく感じさせません。それだけ、脚本が優れているという事か! 『なぜ、こんなものが?』『なぜ、彼らなのか?』という疑問は、あるが、そんな疑問を度外視しても緊迫した演出により楽しめる。RPGのダンジョンから抜け出すというゲーム感覚の恐怖と極限におかれた人たちの心理変化によるサイコスリラーのような2つの要素を持ち合わせている新感覚のホーラー作品。映画館で観たときよりもさすがに閉塞感は、感じなかったなぁ。あの息苦しくなるような閉塞感は、映画館という”箱”の中で観てこそ味わえる不快感かも(笑)

PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

■バーコード
■ブログ内検索
作品名・監督名・俳優名などで検索可能です。
★ランキング
ランキング参加中! ご協力お願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気blogランキングへ</A>		<div class=
■コメントありがとう
■トラックバックありがとう
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 SION'S Some Rights Reserved.
http://sion1234.blog.shinobi.jp/%E2%96%A0%E3%82%8F%E3%81%8C%E3%81%BE%E3%81%BE%E7%A7%81%E8%A9%95%E2%96%A0/cube
忍者ブログ[PR]