忍者ブログ

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画の感想・車のことなど載せてます♪

2020.03┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOME[PR]■わがまま私評■ラストサムライ

[PR]

2020-03-30-Mon 19:30:14 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ラストサムライ

2007-01-04-Thu 17:59:37 │EDIT

ラストサムライ

THE LAST SAMURAI 2003 米国

★★★★

D=エドワード・ズウィック
トム・クルーズ 渡辺 謙 真田広之 小雪
◆時は、幕末?時代考証を考えるとこの映画自体が成り立たなくなるので、深くは考えない事(笑) だが、重要な点は、この頃の日本の歴史的背景を理解して見る事が望ましい。 ◆急速に近代化を目指す日本政府は、 西洋式の戦術を学ぶ為に、アメリカから南北戦争の英雄、ネイサン・オールグレン大尉を招いた。一方、天皇に忠誠を尽くす侍の大将勝元盛次は、急速に近代化を目指す政府に疑問を感じ、政府軍に反旗を翻す。戦いの中で、出会った2人の男。オールグレンは、侍社会の中で生活を共にする事で、彼らの考え方・生き方に直に触れ、サムライスピリット=武士道精神に感銘を受けていく。やがて、オールグレンは、勝元と固い絆で結ばれていくのだが・・・・。しかし、近代化を目指す政府にとって、武士道精神は、過去のものでしかなかった。勝元を中心とした侍達は、自らの信念=サムライ魂を貫く為に、最後の戦いに挑むのであった。。。。                               

◆見ていて”西南戦争”の西郷隆盛を思い出した。近代化の進む日本の中で、サムライとしての最後の死に場所を求めているようでもあった。                                                                         現代に生きている以上、自分自身、彼らサムライ魂を真に理解する事は、難しいと思うが、この映画には、日本人の美学と言うものが描かれていると思う。この辺りの感情・生き様などを西洋の観客は、理解できるのであろうか?ちょっと疑問に思いました。義・忠・仁・誠・誉・・・武士道の精神。死に対する潔さ。サムライとして、生きるのは、大変な事だと感じます。渡辺謙良かったです。いいです。主役のトムをくってます。小雪も 口を開かねばなかなかでした(笑)しかし・・・あの子役は何ものなんだ?日本にもあれだけの演技のできる子役がいるんですね。 

PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

■バーコード
■ブログ内検索
作品名・監督名・俳優名などで検索可能です。
★ランキング
ランキング参加中! ご協力お願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気blogランキングへ</A>		<div class=
■コメントありがとう
■トラックバックありがとう
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 SION'S Some Rights Reserved.
http://sion1234.blog.shinobi.jp/%E2%96%A0%E3%82%8F%E3%81%8C%E3%81%BE%E3%81%BE%E7%A7%81%E8%A9%95%E2%96%A0/%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A4
忍者ブログ[PR]