忍者ブログ

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画の感想・車のことなど載せてます♪

2020.03┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOME[PR]■わがまま私評■28日後・・・

[PR]

2020-03-30-Mon 19:06:22 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

28日後・・・

2007-01-05-Fri 14:22:44 │EDIT

28日後・・・

28DAYS LATER・・・ 2002 英国/米国/オランダ

★★★

D=ダニー・ボイル 原/脚=アレックス・ガーランド
キリアン・マーフィ ナオミ・ハリス クリストファー・エクルストン ミーガン・バーンズ ブレンダン・グリーソン レオ・ビル リッチ・ハーネット スチュアート・マッカレー ノア・ハントレー
◆ケンブリッジ霊長類研究所に動物保護活動家数人が、実験用チンパンジーを開放するために侵入する。しかし、そこのチンパンジーは、非常に感染力の強い、感染するとたちまち凶暴化する新種のウィルスに犯されていた。活動家の一人が、檻から出したチンパンジーに襲われ、感染し豹変してしまい、次々に仲間に襲いかかる・・・・そして、28日後・・・・交通事故で入院していた自転車メッセンジャーのジムは、ロンドン市内の病院で意識を取り戻すのだが、病院内には、まったく人の気配がなかった。フラフラと街に出たジムは、いつもは、人々の喧騒であふれかえるロンドンの街に誰一人いないことに戸惑いを覚えるのだった。訳もわからず街を徘徊するうちにジムは、感染者に襲われるが、危ないところをセリーナ達に助けられ、信じられない事実を知る事になる。<この国の人々は、ウィルス感染から逃げる為、国外に逃げてしまい、今は、感染者と数名の非感染者がいるだけだ>と言う事を。

『トレインスポッテイング』のダニー・ボイル監督作品。ホラー映画として観ると肩透かしをくらいます^^ 予告を観た限りでは、ホラー系パニック映画かと思いきや、人間の怖さを表現した映画と言えます。冒頭のロンドン市内の映像には、驚かされます。『オープン・ユア・アイズ』の冒頭シーンと同じように街に誰一人いなくなるわけですが、驚きです。CGを使ってるとは思いますが、見事に人の気配を消し去っております。映像から戸惑い・寂しさ・孤独感がひしひしと伝わってきます。

この映画は、前半は、感染者VS非感染者という『ゾンビ』的な話、後半は、対感染者というよりむしろ心理的に追い込まれていった人間が、アイデンティーを失っていく中での非感染者VS非感染者という話の2本立てストーリーで構成されています。この映画の主題は、後半で描かれている極限状態で人は、どうなってしまうのか?未来の見えない世界で人は、どう生きていくのか?ということであろう。この辺りは、ある意味『es』に通じるところがありますね。後半のジムの狂気に満ちた行動は、感染者や狂った軍人より怖いものがありますからね。あらゆる地球上の生物の中で人間が1番怖いということですな! 全体的にありがちでどこかで観たようなストーリーですが、独特の雰囲気と単なるゾンビ映画にしなかった事が、良かったかなぁ~。只、突っ込みどころはたくさんありますよ(笑)まぁ、SIONの持論としてこの手の映画は、そんなことは気にせず映画を楽しんだ方が勝ちと思ってますので気にしませんがね(^^) 欲を言えば、感染すると怖いという恐怖感は伝わりますが、ゾンビ化した感染者自体の怖さがあまり感じなかった点が残念です。もっとえぐく感染者VS人間の描写をして欲しかったですね。

この映画は、2つのエンディングが用意されてます。DVDで観た私は、公開時とは、別の方がエンディングとして採用されとりました。HAPPYENDが好きなSIONとしては、こちらの方が、好きですね。今までの暗いトーンから一気に明るい清々しい映像が気持ちよいです。もう一つの方は、あそこで終りにするのでなく戦闘機が爆弾でも落として終りにした方が、より絶望感が出て良いのでは・・・しかし、それでは、あまりに救いがないですが。。。

PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

■バーコード
■ブログ内検索
作品名・監督名・俳優名などで検索可能です。
★ランキング
ランキング参加中! ご協力お願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気blogランキングへ</A>		<div class=
■コメントありがとう
■トラックバックありがとう
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 SION'S Some Rights Reserved.
http://sion1234.blog.shinobi.jp/%E2%96%A0%E3%82%8F%E3%81%8C%E3%81%BE%E3%81%BE%E7%A7%81%E8%A9%95%E2%96%A0/%EF%BC%92%EF%BC%98%E6%97%A5%E5%BE%8C%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB
忍者ブログ[PR]