忍者ブログ

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画の感想・車のことなど載せてます♪

2020.03┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOME[PR]■わがまま私評■トゥームレイダー2

[PR]

2020-03-30-Mon 18:18:28 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トゥームレイダー2

2007-01-05-Fri 14:17:00 │EDIT

トゥームレイダー2

LARA CROFT TOMB RAIDER:THE CRADLE OF LIFE 2003 米国

★★

D=ヤン・デボン P=ローレンス・ゴードン/ロイド・レヴィン ♪=クレイグ・アームストロング
アンジェリーナ・ジョリー ジェラード・バトラー クリス・バリー ノア・テイラー シアラン・ハインズ ジャイモン・フンスー ティル・シュヴァイガー サイモン・ヤム テレンス・イン
ある日、ギリシャのサントリーニ島沖で大規模な地震が発生した。この影響で、かつてアレクサンダー大王が、世界中から集めた財宝を収めていた”月の神殿”が、2300年ぶりに姿を現した。この情報を聞きつけて現場に急行したのはトレジャー・ハンター、ララ・クロフト。神殿に足を踏み入れた彼女は、不思議な壁画を見つける。さらに、アレクサンダー大王の像の胸に埋め込まれたメダリオンと宙吊りの鉄の檻に収められた黄金に輝く珠を発見するが、ララが珠を取ろうとした時、突然、神殿に侵入してきた男達にメダリオンと珠を奪われてしまう。彼らの首謀者は、世界中に生物兵器を売っているノーベル賞科学者のジョナサン・ライス博士であった。ライス博士の目的は、アレクサンダー大王が、発見し”生命のゆりかご”と呼ばれる人類起源の地に隠された究極の兵器<パンドラの箱>を手に入れることだった。ララが、発見した珠は”生命のゆりかご”の場所を印す地図だったのだ。もし、これが、ライス博士の手に落ちたら世界は、どうなってしまうのか!再びララの世界を救う冒険が始まるのだった。

ご存知、ゲームキャラクター、ララ・クロフトの冒険物語の続編である。私SIONとしては、結構楽しみにしていたのですが、監督があのヤン・デボンということで、嫌~な予感はしてたのです!まさに、思ったとおりダメな作品に仕上がってました(笑)しかし、『スピード』以外、駄作ばかりなのになぜ?監督の依頼が来るんだろうか。不思議でなりません。撮影監督としては、一流だと思うんですが、監督としての力量は?としか言いようがありませんな。スタッフを見ても一流の方達ばかりなのに・・・なぜ、こんな普通の映画になってしまうんだろうか・・・・。DVDで観た事を差し引いても普通の映画って感じ。

前回より、お金はかかってます!って感じで、セットも映像もスケールUPしてますが、それだけって感じ。アクションに関しては、前作の方が、断然良かった。なんだか小さくまとまっちゃったぞ!って思います。元のゲームを知らないんでなんとも言えませんが、もっと派手でハチャメチャにできないものかなぁ・・・、元がゲームキャラなんだからさぁ。前作で良い味を出してたヒラリーとブライスの出番も少なかったし、この辺も凄く残念ですね。彼らとララとの絡み楽しみにしてたのに。。。相手役のテリーも全然、魅力的でなく、物語上必要とは思えないし。こいつが、あのララの惚れた相手とはとても信じられません(笑)まぁ、この手の映画には、男と女の絡みが必要と言う事でしょうが、もうちょっと何とかならないものか。いい男は、いっぱいいるでしょうに。唯一、アンジーだけは、良かったかなぁ^^このまま、シリーズ化しそうな勢いですが、次回作は、是非、楽しーいアクション映画を期待します。マンガ好きでおたくっぽいタランティーノに撮らせたらどうなるんだろう???(^^♪

PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

■バーコード
■ブログ内検索
作品名・監督名・俳優名などで検索可能です。
★ランキング
ランキング参加中! ご協力お願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気blogランキングへ</A>		<div class=
■コメントありがとう
■トラックバックありがとう
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 SION'S Some Rights Reserved.
http://sion1234.blog.shinobi.jp/%E2%96%A0%E3%82%8F%E3%81%8C%E3%81%BE%E3%81%BE%E7%A7%81%E8%A9%95%E2%96%A0/%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%EF%BC%92
忍者ブログ[PR]