忍者ブログ

Sionの趣味”アレ””コレ”気ままに綴ってます。映画の感想・車のことなど載せてます♪

2020.03┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOME[PR]■わがまま私評■バーバー

[PR]

2020-03-30-Mon 19:36:54 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バーバー

2007-01-05-Fri 11:15:03 │EDIT

バーバー

The Man Who Wasn't There 2001 米国

★★★

D脚・・・ジョエル・コーエン イーサン・コーエン
ビリー・ボブ・ソーントン フランシス・マクドーマンド ジェームズ・ガンドルフィーニ
◆妻の実家が経営する小さな床屋で働いているエド・クレイン。彼の1日は、ただ、髪を切ることだけで過ぎていく。毎日毎日、髪をきるだけ。その繰り返しの毎日。他には、なにもない。何の希望も無く、何の夢もなく、漫然と日々を過ごしているエド。妻が、彼女の上司と不倫している事にうすうす気付いてはいるが、特別、何も感じない。そんなある日、客から投資話を聞く。エドは、心の奥底で、この毎日に嫌気がさしていたのだろ。。。この投資話を胡散臭いとは思いながらも話に乗ってみようと思いはじめる。何かが変わるかもしれない。この人生から抜け出せるかもしれない。その為の1万ドルをどうしたらよいか?エドは、妻の不倫相手から強請り取ることに 。1つの犯罪が引き金となって次々と悲劇が・・・

◆空中に飛び出した車の映像・コロコロと転がり続けるホィール・死んでもしばらく伸び続ける髪・宇宙船・・・・まさに、コーエン兄弟らしい作品といえる。コーエン兄弟の世界が満喫できます。全編柔らかなモノクロームの映像は、美しく、そして切ない。淡い白黒の世界は、まさに主人公エドの人生そのものだ。寡黙だが、本当は、心の中に熱い情熱をたぎらせる男・エドをB・B・ソートンが、好演している。あの静かで抑えた演技は、さすが!という感じ。全編に流れるベートーベンの「悲愴」もGOO。シニカルな笑いを期待している方にはお勧めできません。

PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

■バーコード
■ブログ内検索
作品名・監督名・俳優名などで検索可能です。
★ランキング
ランキング参加中! ご協力お願いいたします^^
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 人気blogランキングへ</A>		<div class=
■コメントありがとう
■トラックバックありがとう
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 SION'S Some Rights Reserved.
http://sion1234.blog.shinobi.jp/%E2%96%A0%E3%82%8F%E3%81%8C%E3%81%BE%E3%81%BE%E7%A7%81%E8%A9%95%E2%96%A0/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC
忍者ブログ[PR]